Amazon S3バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する


Amazon S3バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する方法について

Amazon S3バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する

本記事では、Amazon S3 バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する方法について書いていきます。

<マウント時のオプション>
マウント時のオプションとして、[ドライブのオプション] の設定画面で、ドライブ オプションとして「リムーバブル ディスクとして割り当て」を選択します。

<共有アクセス許可の設定>
マウントしたドライブに対して、ドライブ単位、またはフォルダー単位で共有アクセス許可の設定をします。ただし、エクスプローラー等で共有アクセス許可を設定した場合、Windows を再起動すると設定がリセットされてしまうため、コマンドプロンプト等で設定してください。

※ Amazon S3 には NTFS アクセス権が存在しないため、「共有ウィザード」を使用した NTFS 権限によるアクセス許可の設定はできません。

<共有アクセス許可をコマンドプロンプトで設定する>
以下のようなバッチファイルを作成し、Windows の起動時に管理者権限で自動実行するように設定してください。

@echo off

net share 共有フォルダー=Z:\共有フォルダー /grant:everyone,full

<共有アクセス許可の確認>
別のマシンから共有アクセス許可を設定したマシンにアクセスし、設定した共有フォルダーが閲覧でき、ファイルのコピーなど共有フォルダーへの書き込みができることを確認します。





Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

Amazon S3でデータストレージの費用(コスト)を大幅に削減する

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定

robocopyでAmazon S3にバックアップする時のオプション指定

Amazon S3にファイルをバックアップする(世代管理も)

Amazon S3でテレワーク用ファイル共有を実現する

メタデータキャッシュ機能による高速化

インターネットに接続されていない PC でもライセンス認証は可能ですか?