Oracle Cloud Object StorageをWindowsにマウントする


JPCYBER S3 Drive で Windows から Oracle Cloud Object Storage をマウントする方法について

Oracle Cloud Object StorageをWindowsにマウントする

JPCYBER S3 Drive を使って、Oracle Cloud Object Storage(OCI オブジェクト ストレージ)を Windows にマウントする方法について説明します。

1.Oracle Cloud(OCI)管理コンソールで、[アイデンティティ] → [ユーザー] メニューをクリックします。

2.次に、[リソース] → [顧客秘密キー] メニューから [秘密キーの生成] をクリックします。

3.ユーザー名を入力し、[秘密キーの生成] をクリックします。

4.OCI オブジェクト ストレージのアクセスに必要なシークレットキーが作成されますので、[表示] をクリックして、シークレットキーを記録してください。

5.アクセスキーの方はこちらに表示されますので、クリックして記録してください。

6.デスクトップから「JPCYBER S3 Drive」のショートカット アイコンをダブル クリックして、メイン画面を起動します。

7.メイン画面で [新規追加] をクリックします。

8.S3 ストレージの種類として [S3 互換ストレージ] を選択し、Oracle Cloud Object Storage のエンドポイント URL を入力し、作成済みユーザーのアクセス キーとシークレット キーを入力します。

<エンドポイント URL の書式>
ネームスペース.compat.objectstorage.ap-tokyo-1.oraclecloud.com

ネームスペース は、[オブジェクト・ストレージ] → [バケットの詳細] → [バケット情報] より取得
※ お使いのホーム・リージョンに合わせて ap-tokyo-1 の部分を適宜置き換えてください

バケット型のアイコンをクリックすると、OCI バケットの一覧が表示されますので、マウントしたい OCI バケットを選択してください。バケット名は直接手で入力しても構いません。

9.マウントの際に割り当てたいドライブ文字を選択して、[完了] をクリックします。

10.マウントが完了し、エクスプローラーから Oracle Cloud Object Storage(OCI オブジェクト ストレージ)に自由にアクセスできるようになりました。

■ マウント時のオプションについて

通常はネットワーク ドライブとしてマウントしてください。[他のコンピューターに S3 バケットを共有する] をチェックした場合、同一 LAN 上の他のコンピューターからネットワーク配下に S3 バケットが共有されるようになります。

マウントしたドライブのフォルダーに、Windows のファイル共有機能で「共有アクセス許可」を設定する必要がある場合は、リムーバブル ディスクとしてマウントしてください。



WasabiオブジェクトストレージをWindowsにマウントする

JPCYBER S3 Driveの設定ファイルによる高度な設定

JPCYBER S3 Driveのオプションを設定する

Amazon S3バケットの特定のフォルダーにだけアクセスを許可する

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定

robocopyでAmazon S3にバックアップする時のオプション指定

インターネットに接続されていない PC でもライセンス認証は可能ですか?

Google Cloud Storage(GCS)をWindowsにマウントする

新しいPCにライセンスを移行することは可能ですか?

共有リンク(Amazon S3署名付きURL)へのアクセスを禁止する

マウントしたドライブにアクセスすると「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される

Amazon S3バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する

AWS Amazon S3バケットへのアクセスにIP制限をかける

特定のAmazon S3バケットにだけアクセスを許可する

AWS Amazon S3バケットをWindowsにマウントする

Amazon S3にアクセスするために必要なAWSの設定

JPCYBER S3 Driveのインストール方法