JPCYBER S3 Driveのオプションを設定する


JPCYBER S3 Drive の [オプションの設定] 画面の設定項目について

JPCYBER S3 Driveのオプションを設定する

JPCYBER S3 Drive のオプションを設定します。JPCYBER S3 Drive のメイン画面より [ツール] → [オプションの設定] メニューをクリックして、[オプションの設定] 画面を表示します。

■ Amazon S3 オプション
・親バケットのアクセス権(ACL)をアップロードするファイルに適用する(既定値: off)
Amazon S3 にアップロードするファイルに、親バケットのアクセス権(ACL)を自動的に適用します。有効にした場合は性能が低下します。必要ない場合は、off のままにしてください。

・ファイルの上書き時に既存ファイルのアクセス権(ACL)を保持する(既定値: off)
Amazon S3 にファイルを上書きでアップロードする際に、既存ファイルのアクセス権(ACL)を保持します。有効にした場合は性能が低下します。必要ない場合は、off のままにしてください。

・マルチパート アップロード サイズ(既定値: 16 MB)
Amazon S3 にファイルをアップロードする際に、ファイルサイズが指定値以上の場合、マルチパート アップロードによりアップロード処理を並列化して、トータルの処理時間を短縮します。

■ プロキシー サーバー
・プロキシー サーバーを使用する(既定値: off)
Amazon S3、またはインターネットへのアクセスにプロキシー サーバーを使用する場合に on にします。有効にした場合、アドレス、ポート番号を入力してください。

・プロキシー認証する(既定値: off)
認証が必要なプロキシー サーバーの場合に on にします。有効にした場合、ユーザー名、パスワードを入力してください。

■ 高速化キャッシュ
・保存先フォルダー
高速化キャッシュファイルの保存先フォルダーを指定します。十分な空き領域のあるドライブを指定してください(アップロードするファイルの大きさの 2 倍以上の空き領域が必要です)。

・ファイル キャッシュ サイズ(既定値: 25 GB)
クラウドストレージのアクセス高速化のため、読み込みキャッシュとして使用可能な合計サイズを指定します。ディスクの空きに余裕がある場合、できるだけ大きい値を指定すると、クラウドストレージへのアクセスがスムーズになります。さらに、Amazon S3 からのデータ転送量を減らすこともできます。(ファイルキャッシュが一杯になった場合、アクセス日時の古い順にキャッシュが削除されます)

・メタデータ キャッシュ時間(既定値: 120秒)
ファイル、およびフォルダーのメタデータをキャッシュする保持時間を指定します。値を 0 秒に設定した場合、メタデータ キャッシュ機能は無効になります。

・キャッシュ数(既定値: 2048)
キャッシュするファイル メタデータ数の最大値です(フォルダーの数は含まれません)。

※ メタデータとは、Amazon S3 ストレージ上のオブジェクトのファイル名、更新日時、ファイルサイズなどのメタ情報を指します。

■ ログのレベル
・詳細情報
オブジェクト名を含むアップロード・ダウンロード等すべての情報をログに記録します。アクセス ログの記録が必要な場合に選択してください。

・警告とエラー(既定の設定)
警告とエラーメッセージのみをログに記録します。

・エラーのみ
エラーメッセージのみをログに記録します。

・ログなし
サービスの起動・停止に関するログ以外は一切記録しません。

ログ ファイルの保存先フォルダー: C:¥ProgramData¥JPCYBER S3 Drive¥log

※ ログ ファイルの保存日数の既定値は 30 です。保存日数は設定ファイル(settings.xml)内の LogRotate 値により変更が可能です。設定ファイルについてはこちら。

■ セキュリティ ログ
共有リンクの作成機能により共有リンクを作成すると、[ログのレベル] とは無関係にセキュリティ ログが記録されます。セキュリティ ログには、共有リンクを作成した Amazon S3 上のファイルのバケット名とオブジェクト名、およびリンクの有効期限が記録されます。

<セキュリティ ログの例>

2020/10/21 16:16:30.492 [I] Link created(有効期限: 2020/10/21 23:16:29): s3://my-bucket/営業部/商品資料.pptx
2020/10/21 16:46:49.451 [I] Link created(有効期限: 2020/10/28 16:46:48): s3://my-bucket/開発部/機能設計仕様書.zip
2020/10/21 16:56:48.935 [I] Link created(有効期限: 2020/10/28 16:56:47): s3://my-bucket/購買部/発注書.zip


セキュリティ ログの保存先フォルダー: C:¥ProgramData¥JPCYBER S3 Drive¥security_log

※ 共有リンク作成時のセキュリティ ログ機能を無効にするには、設定ファイル(settings.xml)内の EnableSecurityLog 値を false に変更してください。設定ファイルについてはこちら。





JPCYBER S3 Driveの設定ファイルによる高度な設定

Amazon S3バケットの特定のフォルダーにだけアクセスを許可する

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定

robocopyでAmazon S3にバックアップする時のオプション指定

インターネットに接続されていない PC でもライセンス認証は可能ですか?

Google Cloud Storage(GCS)をWindowsにマウントする

新しいPCにライセンスを移行することは可能ですか?

共有リンク(Amazon S3署名付きURL)へのアクセスを禁止する

マウントしたドライブにアクセスすると「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される

Amazon S3バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する

AWS Amazon S3バケットへのアクセスにIP制限をかける

特定のAmazon S3バケットにだけアクセスを許可する

AWS Amazon S3バケットをWindowsにマウントする

Amazon S3にアクセスするために必要なAWSの設定

JPCYBER S3 Driveのインストール方法