AWS PrivateLink for Amazon S3に対応


JPCYBER S3 Drive V4.7 をリリースしました

AWS PrivateLink for Amazon S3に対応

AWS PrivateLink for Amazon S3 に対応したアップデート版をリリースしました。また、アップロード進捗状況の表示に対応し、途中キャンセルが可能となった他、S3 互換ストレージの種類の自動判別表示にも対応しました。

<V4.7 アップデート内容>
■ AWS PrivateLink for Amazon S3 に対応
AWS の新機能である AWS PrivateLink for Amazon S3 に対応しました。AWS PrivateLink は、仮想ネットワークからのプライベート IP を使用して、Amazon S3 とオンプレミスリソース間のプライベート接続を提供する機能です。

AWS PrivateLink for Amazon S3 を使用して Amazon S3 バケットをマウントするには、[新規ドライブの割り当て] 画面で、S3 ストレージの種類として [S3 互換ストレージ] を選択し、エンドポイント URL を以下のように指定してください。

例)bucket.vpce-1a2b3c4d-5e6f.s3.ap-northeast-1.vpce.amazonaws.com

※ 実際の AWS PrivateLink の値に従って、赤字の部分 を適宜置き換えてください。

■ アップロード進捗状況の表示に対応し、途中キャンセルが可能に
[アップロード状況の表示] 画面でアップロードの進捗状況が表示されるようになり、何パーセントまでアップロードが進んでいるかわかるようになりました。また、アップロードの途中キャンセルが可能になり、意図せず大きいファイルをアップロードしてしまった場合に、取り消すことができるようになりました。

■ S3 互換ストレージの種類の自動判別表示に対応
JPCYBER S3 Drive メイン画面の [割り当て済みドライブ] の一覧で、マウントした S3 互換ストレージの種類を自動判別し、S3 ストレージ名が表示されるようになりました。

※ ソフトウェアのアップデート完了後は、必ずコンピューターを再起動してください。



JPCYBER S3 Drive V6.0「パフォーマンス改善版」をリリース

Windowsエクスプローラーの表示速度を改善

設定のインポート/エクスポート機能を追加

Officeファイルの手動ロック解除機能が全エディションに対応

JPCYBER S3 Drive V5.0「以前のバージョンの復元機能」をリリース

AWS Amazon S3 大阪リージョンに対応

Oracle Cloud Object Storageに対応

共有リンクの作成にセキュリティログ機能を追加

NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

JPCYBER S3 Drive V4.0「Officeファイルのロック機能」をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

メタデータキャッシュ機能による高速化

Amazon S3アクセスポイント(Access Points)に対応

Wasabi Hot Cloud Storageに対応

Google Cloud Storage(GCS)に対応

ファイル転送機能がS3互換ストレージに対応

JPCYBER S3 Drive V3.0「ファイル転送機能」をリリース