共有リンクの作成にセキュリティログ機能を追加


JPCYBER S3 Drive V4.5 をリリースしました

共有リンクの作成にセキュリティログ機能を追加

共有リンクの作成にセキュリティ ログ機能を追加したアップデート版をリリースしました。

<V4.5 アップデート内容>
■ 共有リンクの作成にセキュリティ ログ機能を追加
共有リンクの作成時にセキュリティ ログを記録する機能を追加することにより、企業の ISMS 要件に対応しました。

セキュリティ ログには、共有リンクを作成した Amazon S3 上のファイルのバケット名とオブジェクト名、およびリンクの有効期限が記録されます。

<セキュリティ ログの例>

2020/10/21 16:16:30.492 [I] Link created(有効期限: 2020/10/21 23:16:29): s3://my-bucket/営業部/商品資料.pptx
2020/10/21 16:46:49.451 [I] Link created(有効期限: 2020/10/28 16:46:48): s3://my-bucket/開発部/機能設計仕様書.zip
2020/10/21 16:56:48.935 [I] Link created(有効期限: 2020/10/28 16:56:47): s3://my-bucket/購買部/発注書.zip


セキュリティ ログの保存先フォルダー: C:¥ProgramData¥JPCYBER S3 Drive¥security_log

※ 共有リンク作成時のセキュリティ ログ機能を無効にするには、設定ファイル(settings.xml)内の EnableSecurityLog 値を false に変更してください。

※ ログ ファイルの保存日数の既定値は 30 です。保存日数は設定ファイル(settings.xml)内の LogRotate 値により変更が可能です。

■ モジュールのアップデート
AWSSDK.Core(3.5.1.27)/ AWSSDK.S3(3.5.3.5)

※ ソフトウェアのアップデート完了後は、必ずコンピューターを再起動してください。



JPCYBER S3 Drive V5.0「以前のバージョンの復元機能」をリリース

AWS Amazon S3 大阪リージョンに対応

AWS PrivateLink for Amazon S3に対応

Oracle Cloud Object Storageに対応

NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

JPCYBER S3 Drive V4.0「Officeファイルのロック機能」をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

メタデータキャッシュ機能による高速化

Amazon S3アクセスポイント(Access Points)に対応

Wasabi Hot Cloud Storageに対応

Google Cloud Storage(GCS)に対応

ファイル転送機能がS3互換ストレージに対応

JPCYBER S3 Drive V3.0「ファイル転送機能」をリリース

V3.0 ファイル転送機能をリリース

V2.1.215をリリース

V2.1.206をリリース

V2.1.201をリリース