設定のインポート/エクスポート機能を追加


JPCYBER S3 Drive V5.2 をリリースしました

設定のインポート/エクスポート機能を追加

設定ファイルのインポート/エクスポート機能を追加したアップデート版をリリースしました。

<V5.2 アップデート内容>
■ 設定ファイルのインポート/エクスポート機能を追加
設定ファイル(settings.xml)のインポート/エクスポート機能を追加しました。この機能により、マウント情報やオプションの設定を含む設定内容をバックアップしたり、設定内容を簡単に切り替えたりすることができるようになりました。また、同じ設定を複数の PC に設定したい場合、他の PC で設定をインポートすることができるようになりました。

※ 他の PC で設定をインポートした場合は、シークレット キーの再入力が必要になります。

■ S3 Drive サービスの再起動タイミングの変更
従来はマウント情報の変更直後、またはオプションの設定内容の変更直後に S3 Drive サービスが自動的に再起動されていましたが、ユーザーが手動で S3 Drive サービスを再起動できるようになりました。

※ ソフトウェアのアップデート完了後は、必ずコンピューターを再起動してください。



JPCYBER S3 Drive V6.0「パフォーマンス改善版」をリリース

Windowsエクスプローラーの表示速度を改善

Officeファイルの手動ロック解除機能が全エディションに対応

JPCYBER S3 Drive V5.0「以前のバージョンの復元機能」をリリース

AWS Amazon S3 大阪リージョンに対応

AWS PrivateLink for Amazon S3に対応

Oracle Cloud Object Storageに対応

共有リンクの作成にセキュリティログ機能を追加

NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

JPCYBER S3 Drive V4.0「Officeファイルのロック機能」をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

メタデータキャッシュ機能による高速化

Amazon S3アクセスポイント(Access Points)に対応

Wasabi Hot Cloud Storageに対応

Google Cloud Storage(GCS)に対応

ファイル転送機能がS3互換ストレージに対応

JPCYBER S3 Drive V3.0「ファイル転送機能」をリリース