Amazon S3署名付きURL(共有リンク)へのアクセスを禁止する


AWS Amazon S3 署名付き URL(共有リンク)へのアクセスを禁止する方法について

Amazon S3署名付きURL(共有リンク)へのアクセスを禁止する

本記事では、AWS Amazon S3 署名付き URL(共有リンク)へのアクセスを禁止する方法について書いていきます。

<Amazon S3 バケット ポリシーの作成>
新規に Amazon S3 バケット ポリシーを作成して、Amazon S3 署名付き URL(共有リンク)へのアクセスを禁止します。

1.AWS 管理コンソールの Amazon S3 サービスから署名付き URL へのアクセスを禁止したいバケットを選択し、[アクセス権限] をクリックします。
2.[バケットポリシー] をクリックします。
3.以下のようなバケット ポリシーを作成し、[保存] してください。

BUCKET-NAME は適宜置き換えてください。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Deny",
            "Principal": "*",
            "Action": "s3:*",
            "Resource": "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME/*",
            "Condition": {
                 "StringNotEquals": {
                     "s3:authType": "REST-HEADER"
                 }
            }
        }
    ]
}




AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする

NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

【導入事例】AWS Amazon S3で拠点間のファイル共有

【導入事例】Amazon S3で図面データなどの大容量ファイルを転送

【導入事例】Amazon S3でファイル共有・テレワーク環境を構築

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応