Google Cloud Storage(GCS)をWindowsにマウントする


JPCYBER S3 Drive で Windows から GCS バケットをマウントする方法について

Google Cloud Storage(GCS)をWindowsにマウントする

1.デスクトップから「JPCYBER S3 Drive」のショートカット アイコンをダブル クリックして、メイン画面を起動します。

2.メイン画面で [新規追加] をクリックします。

3.S3 ストレージの種類として [S3 互換ストレージ] を選択し、GCS(Google Cloud Storage) のエンドポイント URL を入力し、サービスアカウント、またはユーザーアカウントのアクセス キーとシークレット キーを入力します。

バケット アイコンをクリックすると、GCS バケットの一覧が表示されますので、マウントしたい GCS バケットを選択してください。バケット名は直接入力しても構いません。

4.マウントの際に割り当てたいドライブ文字を選択して、[完了] をクリックします。

5.マウントが完了し、エクスプローラーから Google Cloud Storage(GCS)に自由にアクセスできるようになりました。

<マウント時のオプションについて>

通常はネットワーク ドライブとしてマウントしてください。[他のコンピューターにバケットを共有する] をチェックした場合、同一 LAN 上の他のコンピューターからネットワーク配下にバケットが共有されるようになります。

マウントしたドライブのフォルダーに、Windows のファイル共有機能で「共有アクセス許可」を設定する必要がある場合は、リムーバブル ディスクとしてマウントしてください。



AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする

NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

【導入事例】AWS Amazon S3で拠点間のファイル共有

【導入事例】Amazon S3で図面データなどの大容量ファイルを転送

【導入事例】Amazon S3でファイル共有・テレワーク環境を構築

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応