Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定


Amazon S3 のアクセスに必要な最低限の IAM ポリシーの設定について

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定

JPCYBER S3 Drive でAmazon S3 ストレージにアクセスするための必要最低限の IAM ポリシーの設定は以下のように設定してください。

BUCKET-NAME は適宜置き換えてください。

<読み取り専用な必要最低限の IAM ポリシー>

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:ListBucket",
            "Resource": "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME"
        },
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:GetObject",
            "Resource": "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME/*"
        }
    ]
}


<読み書き可能な必要最低限の IAM ポリシー>

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:ListBucket",
            "Resource": "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME"
        },
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:GetObject",
                "s3:DeleteObject",
                "s3:PutObject"
            ],
            "Resource": "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME/*"
        }
    ]
}


ただし、上記の IAM ポリシーでは Amazon S3 バケットのマウントの際にバケットの一覧は表示されませんので、バケット名を直接手で入力する必要があります。マウント時にバケット一覧も表示したい場合は、以下のように "s3:ListAllMyBuckets" も許可してください。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:ListAllMyBuckets",
            "Resource": "*"
        }
    ]
}


Amazon S3 バケットでバージョニングの設定を有効にしている場合、また JPCYBER S3 Drive のオプション設定で ACL のオプションを有効にしている場合は、追加の S3 アクセス権限が必要になりますので、ご注意ください。

<読み書き可能な必要最低限の IAM ポリシー(オプション設定時)>

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:ListBucket",
            "Resource": "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME"
        },
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "s3:GetObject",
                "s3:DeleteObject",
                "s3:PutObject",
                "s3:GetObjectVersion", <= バージョニングの設定を有効にしている場合に必要
                "s3:DeleteObjectVersion", <= Wasabi オブジェクトストレージをマウントする場合に必要
                "s3:GetObjectACL", <= ACL オプションを有効にしている場合に必要
                "s3:PutObjectACL" <= ACL オプションを有効にしている場合に必要
            ],
            "Resource": "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME/*"
        }
    ]
}




AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする

NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

【導入事例】AWS Amazon S3で拠点間のファイル共有

【導入事例】Amazon S3で図面データなどの大容量ファイルを転送

【導入事例】Amazon S3でファイル共有・テレワーク環境を構築

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応