マウントしたドライブにアクセスすると「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される


マウントしたドライブにアクセスすると「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される場合の対処方法

マウントしたドライブにアクセスすると「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される

Amazon S3 バケットのマウントはできたものの、マウントしたドライブにアクセスすると、「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される場合、以下の原因が考えられます。

1)ライセンス認証が完了していない
JPCYBER S3 Drive のメイン画面を表示した際に、「ソフトウェアをお使いになるには、こちらをクリックして、ライセンス認証を行ってください。」というメッセージが表示される場合、まだライセンス認証が完了していません。メッセージに従って、ライセンス認証を行ってください。

2)ライセンスの有効期限が切れている
JPCYBER S3 Drive のメイン画面を表示した際に、「無料体験期間が終了しました。こちらをクリックして、製品版ライセンスをご購入ください。」または「ライセンスの有効期限が切れました。こちらをクリックして、ライセンスをご更新ください。」というメッセージが表示される場合、ライセンスの有効期限が切れています。メッセージに従って、ライセンスをご購入ください。

3)上位版のライセンスが必要
JPCYBER S3 Drive のメイン画面を表示した際に、「Windows Server で本製品をお使いになるには、Server 版ライセンスが必要です。」または「AWS EC2 仮想マシンで本製品をお使いになるには、Enterprise 版ライセンスが必要です。」というメッセージが表示される場合、上位版のライセンスが必要です。メッセージに従って、必要なライセンスをご購入ください。

4)ネットワーク接続が切れている
ネットワーク接続が切れてしまっている場合にも「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示されます。ネットワーク接続をご確認ください。



AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする

NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

【導入事例】AWS Amazon S3で拠点間のファイル共有

【導入事例】Amazon S3で図面データなどの大容量ファイルを転送

【導入事例】Amazon S3でファイル共有・テレワーク環境を構築

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応