特定のAmazon S3バケットにだけアクセスできるIAMユーザーを作成する

<IAM ユーザーの作成>
Amazon S3 バケットへアクセスする際に使用する認証情報を作成します。
AWS マネジメント コンソールで IAM ユーザーを作成し、アクセス キーとシークレット キーを発行します。

<IAM ポリシーの作成>
Amazon S3 バケットへのアクセス権限を定義する IAM ポリシーを作成します。
以下のようなインライン ポリシーを作成し、先程の IAM ユーザーに付与します。
BUCKET-NAME は適宜置き換えてください。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:*",
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME",
                "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME/*"
            ]
        }
    ]
}

これで、特定の S3 バケットにだけアクセスできる IAM ユーザーが作成できました。

ただし、上記の IAM ポリシーでは S3 バケットのマウントの際にバケットの一覧は表示されませんので、バケット名を直接入力する必要があります。マウント時にバケット一覧も表示したい場合は、以下のような IAM ポリシーを作成してください。

{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:ListAllMyBuckets",
            "Resource": "*"
        },
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": "s3:*",
            "Resource": [
                "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME",
                "arn:aws:s3:::BUCKET-NAME/*"
            ]
        }
    ]
}




Amazon S3を使って完璧なランサムウェア対策をする

Wasabi Hot Cloud Storageに対応

AWS Storage Gatewayの料金(コスト)を大幅に削減する

Google Cloud Storage(GCS)をWindowsにマウントする

Google Cloud Storageに対応

ファイル転送機能がS3互換ストレージに対応

JPCYBER S3 Drive Enterprise版のカスタマイズ方法

JPCYBER S3 Drive V3.0 ファイル転送機能をリリース

Version 3.0 ファイル転送機能をリリース

新しいPCにJPCYBER S3 Driveのライセンスを移行することは可能ですか?