Amazon S3にアクセスするためのAWSの設定方法


JPCYBER S3 Drive の設定を行う前にやっておくべきこと

Amazon S3にアクセスするためのAWSの設定方法

<Amazon S3 バケットの作成>
AWS コンソールの「S3 コンソール」画面で、Windows からマウントしたい Amazon S3 バケットを作成します。(既にバケットが存在している場合は、新たに作成する必要はありません)

<IAM ユーザーの作成>
JPCYBER S3 Drive から Amazon S3 バケットへアクセスする際に使用する認証情報を作成します。
AWS マネジメント コンソールで IAM ユーザーを作成し、アクセス キーとシークレット キーを発行します。

まず、AWS コンソールで「IAM」をクリックしてください。

次に、「IAM コンソール」の画面で、「ユーザー」をクリックします。
「ユーザーを追加」をクリックします。
任意のユーザー名を入力し、「プログラムによるアクセス」にチェックを入れます。
「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択し、検索ボックスに「s3」と入力します。「AmazonS3FullAccess」にチェックを入れてください。
「タグ」の画面では特に何も入力せず、そのまま「次のステップ」をクリックし、「ユーザーの作成」をクリックしてください。
「アクセスキー ID」と「シークレット アクセスキー」が表示されますので、必ずコピーしてください。(シークレット アクセスキーは一度しか表示されません。)
以上で、Amazon S3 の接続に必要な最低限の AWS の設定が完了しました。



Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

Amazon S3でデータストレージの費用(コスト)を大幅に削減する

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定

robocopyでAmazon S3にバックアップする時のオプション指定

Amazon S3にファイルをバックアップする方法

テレワークに最適! Amazon S3でクラウド型ファイル共有を実現

メタデータキャッシュ機能による高速化

インターネットに接続されていない PC でもライセンス認証は可能ですか?

Amazon S3アクセスポイント(Access Points)に対応

Amazon S3を使って完璧なランサムウェア対策をする