Amazon S3にアクセスするためのAWSの設定方法


JPCYBER S3 Drive の設定を行う前にやっておくべきこと

Amazon S3にアクセスするためのAWSの設定方法

<Amazon S3 バケットの作成>
AWS マネジメント コンソールの「S3 コンソール」画面で、Windows からマウントしたい Amazon S3 バケットを作成します。(既にバケットが存在している場合は、新たに作成する必要はありません)

<IAM ユーザーの作成>
JPCYBER S3 Drive から Amazon S3 バケットへアクセスする際に使用する認証情報を作成します。
AWS マネジメント コンソールで IAM ユーザーを作成し、アクセス キーとシークレット キーを発行します。

まず、AWS マネジメント コンソールで「IAM」をクリックしてください。

次に、「IAM コンソール」の画面で、「ユーザー」をクリックします。

「ユーザーを追加」をクリックします。

任意のユーザー名を入力し、「プログラムによるアクセス」にチェックを入れます。

「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択し、検索ボックスに「s3」と入力します。「AmazonS3FullAccess」にチェックを入れてください。

「タグ」の画面では特に何も入力せず、そのまま「次のステップ」をクリックし、「ユーザーの作成」をクリックしてください。

「アクセスキー ID」と「シークレット アクセスキー」が表示されますので、必ずコピーしてください。(シークレット アクセスキーは一度しか表示されません。)

以上で、Amazon S3 の接続に必要な最低限の AWS の設定が完了しました。



AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする

NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

【導入事例】AWS Amazon S3で拠点間のファイル共有

【導入事例】Amazon S3で図面データなどの大容量ファイルを転送

【導入事例】Amazon S3でファイル共有・テレワーク環境を構築

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応