Amazon S3にアクセスするためのAWSの設定方法

<S3 バケットの作成>
AWS コンソールの「S3 コンソール」画面で、Windows からマウントしたい Amazon S3 バケットを作成します。(既にバケットが存在している場合は、新たに作成する必要はありません)

<IAM ユーザーの作成>
JPCYBER S3 Drive から Amazon S3 バケットへアクセスする際に使用する認証情報を作成します。
AWS マネジメント コンソールで IAM ユーザーを作成し、アクセス キーとシークレット キーを発行します。

まず、AWS コンソールで「IAM」をクリックしてください。

次に、「IAM コンソール」の画面で、「ユーザー」をクリックします。
「ユーザーを追加」をクリックします。
任意のユーザー名を入力し、「プログラムによるアクセス」にチェックを入れます。
「既存のポリシーを直接アタッチ」を選択し、検索ボックスに「s3」と入力します。「AmazonS3FullAccess」にチェックを入れてください。
「タグ」の画面では特に何も入力せず、そのまま「次のステップ」をクリックし、「ユーザーの作成」をクリックしてください。
「アクセスキー ID」と「シークレット アクセスキー」が表示されますので、必ずコピーしてください。(シークレット アクセスキーは一度しか表示されません。)
以上で、Amazon S3 の接続に必要な最低限の AWS の設定が完了しました。



Version 2.1.215をリリース

Version 2.1.206をリリース

マウントしたドライブにアクセスすると「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される

Amazon S3バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する

Version 2.1.201をリリース

Version 2.1.195をリリース

Version 2.1.192をリリース

Version 2.0.179をリリース

Version 2.0.171をリリース

Version 2.0.152をリリース