JPCYBER S3 Driveを提供開始


Amazon S3 バケットを PC にマウントしてローカルドライブのように操作できる Windows 用 S3 クライアントソフト「JPCYBER S3 Drive」を提供開始

JPCYBER S3 Driveを提供開始

株式会社JPサイバー(東京都千代田区、代表取締役:柳本英之)は、Amazon S3 上のデータをローカルファイルのように操作できる「JPCYBER S3 Drive」を発売します。Amazon S3 ストレージにエクスプローラーからそのままアクセスでき、S3上に保存してある Office ファイルなどを直接編集することも可能な、画期的なソフトウェアです。

<製品の概要>
株式会社JPサイバーは9月14日、Windows 上に Amazon S3 ストレージをマウントして使えるソフトウェア「JPCYBER S3 Drive」を発売しました。「JPCYBER S3 Drive」を使うと、クラウド上のファイルをローカルファイルのようにエクスプローラーで操作できるようになります。これまではブラウザで管理コンソール画面を開いたり、専用ツールを使用して S3 ストレージにデータをアップロード/ダウンロードしたりする必要がありましたが、その手間が不要になります。

<特長>
●ドライブの割り当てが可能
Amazon S3ストレージをネットワークドライブに割り当ててエクスプローラーで使えます。
●コピー&ペーストで操作が簡単/ダウンロードが可能
ファイル操作はドラッグ&ドロップでローカル同様に行えます。
●アプリケーションに対応
Windows アプリケーションからクラウド上のファイルを直接編集し保存できます。
●高速化キャッシュでクラウドのイライラを解消
キャッシュ機能の使用によりクラウドとは思えない高速なアクセス速度を実現しました。
●S3 互換ストレージ対応
Amazon S3 ストレージだけでなく、S3 互換ストレージにも対応しています。
●純国産ソフト
日本語のファイル名にも完全対応しています。

*本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

画面キャプチャー




AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする

NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

【導入事例】AWS Amazon S3で拠点間のファイル共有

【導入事例】Amazon S3で図面データなどの大容量ファイルを転送

【導入事例】Amazon S3でファイル共有・テレワーク環境を構築

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応