JPCYBER S3 Driveを提供開始

株式会社JPサイバー(東京都千代田区、代表取締役:柳本英之)は、Amazon S3 上のデータをローカルファイルのように操作できる「JPCYBER S3 Drive」を発売します。Amazon S3 ストレージにエクスプローラーからそのままアクセスでき、S3上に保存してある Office ファイルなどを直接編集することも可能な、画期的なソフトウェアです。

<製品の概要>
株式会社JPサイバーは9月14日、Windows 上に Amazon S3 ストレージをマウントして使えるソフトウェア「JPCYBER S3 Drive」を発売しました。「JPCYBER S3 Drive」を使うと、クラウド上のファイルをローカルファイルのようにエクスプローラーで操作できるようになります。これまではブラウザで管理コンソール画面を開いたり、専用ツールを使用して S3 ストレージにデータをアップロード/ダウンロードしたりする必要がありましたが、その手間が不要になります。

<特長>
●ドライブの割り当てが可能
Amazon S3ストレージをネットワークドライブに割り当ててエクスプローラーで使えます。
●コピー&ペーストで操作が簡単/ダウンロードが可能
ファイル操作はドラッグ&ドロップでローカル同様に行えます。
●アプリケーションに対応
Windows アプリケーションからクラウド上のファイルを直接編集し保存できます。
●高速化キャッシュでクラウドのイライラを解消
キャッシュ機能の使用によりクラウドとは思えない高速なアクセス速度を実現しました。
●S3 互換ストレージ対応
Amazon S3 ストレージだけでなく、S3 互換ストレージにも対応しています。
●純国産ソフト
日本語のファイル名にも完全対応しています。

<価格>
発売開始を記念し、キャンペーン価格で提供いたします。(10/15(月)迄)
Desktop(デスクトップ)版: 通常価格 7,980円(年額 税抜)が → 6,980円(年額 税抜)
Server(サーバー)版 : 通常価格 12,800円(年額 税抜)が → 9,800円(年額 税抜)

<無料トライアル>
14日間フル機能を使える試用版(Server 版)をご用意しました。ウェブサイトよりダウンロードし自由にお試しいただけます。

<動作環境>
サポート OS    :Windows 7 / 8.1 / 10 / Windows Server 2008 / 2012 / 2016 (*1、*2)
.NET Framework :.NET 4.6
クラウドストレージ :Amazon S3 / S3 互換ストレージ (*3)

*1: Windows Server 2008 R2 / 2012 R2 を含みます。
*2: Windows Server OS は Server 版のみでのサポートです。Desktop 版では動作しません。
*3: S3 互換ストレージは各ベンダーから提供されている API の範囲内での動作となります。

<JPCYBER 会社概要>
・社名   株式会社JPサイバー
・代表者  代表取締役社長 柳本英之
・所在地  東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア イーストタワー4F
・URL   https://www.jpcyber.com/

<JPCYBER とは>
JPCYBER は、企業の生命線とも言える機密データ・重要データをサイバー攻撃から守り、日本企業のデータを保護することをミッションとしております。
国内外のサイバーセキュリティの動向に精通したサイバーセキュリティの専門家が、サイバー犯罪、災害、障害などあらゆるトラブルからより確実にお客様の機密データを保護し復元するご支援をいたします。

*本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

画面キャプチャー(クリックして拡大)




Amazon S3を使って完璧なランサムウェア対策をする

Wasabi Hot Cloud Storageに対応

AWS Storage Gatewayの料金(コスト)を大幅に削減する

Google Cloud Storage(GCS)をWindowsにマウントする

Google Cloud Storageに対応

ファイル転送機能がS3互換ストレージに対応

JPCYBER S3 Drive Enterprise版のカスタマイズ方法

JPCYBER S3 Drive V3.0 ファイル転送機能をリリース

Version 3.0 ファイル転送機能をリリース

新しいPCにJPCYBER S3 Driveのライセンスを移行することは可能ですか?