Amazon S3にドラッグ&ドロップでファイルをアップロードする


エクスプローラーでドラッグ&ドロップして、AWS Amazon S3 にファイルをアップロードする方法

Amazon S3にドラッグ&ドロップでファイルをアップロードする

本記事では、Windows エクスプローラーでドラッグ&ドロップして、AWS Amazon S3 にファイルをアップロードする方法について書いていきます。

■ 準備するもの
・Amazon S3 ストレージ
・JPCYBER S3 Drive - Amazon S3 マウントツール

1.Windows マシンに JPCYBER S3 Drive をインストール
こちら(https://www.jpcyber.com/download)から JPCYBER S3 Drive のインストーラーをお使いの Windows マシンにダウンロードして、インストールします。入力項目は特になく、クリックだけで簡単に終わります。

2.Amazon S3 バケットをマウントする
Windows マシン から使用する Amazon S3 バケットを AWS 管理コンソールであらかじめ作成しておきます。その際、IAM ユーザーと IAM ポリシーの作成もしておきます。(詳細はこちら
JPCYBER S3 Drive を起動し、メイン画面から [新規追加] をクリックし、Amazon S3 バケットをマウントします。

マウントが完了すると、ネットワークドライブとして、エクスプローラーで Amazon S3 ストレージにアクセスできるようになります。

3.エクスプローラーで Amazon S3 にアクセスしてみる
Windows マシン上でエクスプローラーを起動し、マウントした Amazon S3 バケットにアクセスしてみます。

ローカルディスクと同様に Amazon S3 にアクセスできるようになりました。Amazon S3 にアップロードしたいファイルをエクスプローラーでドラッグ&ドロップして簡単にアップロードできます。ダウンロードも同様に、あたかもローカルディスクを操作している感覚で操作できます。

Amazon S3 に大量に画像ファイルをアップロードしたり、管理したい場合、バックアップしたい場合など、JPCYBER S3 Drive を使えば簡単に実現できます。30 日無料体験版で今すぐ Amazon S3 へのドラッグ&ドロップを体験してみましょう。



Amazon S3ストレージでクラウドストレージサービスを提供

AWS Amazon S3バケットをウイルススキャンする

AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする

AWS Amazon S3で拠点間のファイル共有環境を構築

AWS Amazon S3で図面データなどの大容量ファイルを転送

AWS Amazon S3でファイル共有・テレワーク環境を構築

AWS Amazon S3にファイルをバックアップする(世代管理も)

AWS Amazon S3を使った完璧なランサムウェア対策

AWS Amazon S3ストレージでBCP/DR対策を実現

AWS Amazon S3でWindows 7から10へ企業PCのデータを移行

AWS Amazon S3を使ってファイルサーバーを構築