AWS Amazon S3バケットをウイルススキャンする


AWS Amazon S3 バケットをウイルススキャンする方法について

AWS Amazon S3バケットをウイルススキャンする

本記事では、Amazon S3 バケットをウイルススキャンする方法について書いていきます。

■ 準備するもの
・AWS EC2 Windows インスタンス
・JPCYBER S3 Drive - Amazon S3 マウントツール

1.AWS EC2 Windows インスタンスを起動し、JPCYBER S3 Drive をインストール
Amazon S3 バケットと同一リージョンに AWS EC2 Windows インスタンスを起動します(メモリーはやや多めを推奨)。次に、こちら(https://www.jpcyber.com/download)から JPCYBER S3 Drive のインストーラーをダウンロードして、Windows インスタンスにインストールします。

※ 同一リージョンの EC2 インスタンスを使用することで、Amazon S3 バケットを高速にスキャンでき、かつ、Amazon S3 データ転出料がかかりません。

2.Amazon S3 バケットをマウントする
JPCYBER S3 Drive を起動し、メイン画面から [新規追加] をクリックし、Amazon S3 バケットをマウントします。

マウント時のオプションとして、[リムーバブルディスクとして割り当て] を選択してください。

マウントが完了すると、リムーバブルディスクとして、エクスプローラーで Amazon S3 ストレージにアクセスできるようになります。

3.ウイルス対策ソフトでスキャンの設定をする
AWS EC2 Windows インスタンスに利用したいウイルス対策ソフトをインストールし、スキャンの設定をします。2で割り当てたドライブをスキャンするように設定してください。

4.テストスキャンを実行する
3の設定で動作することを、まず、手動スキャンで確認します。手動スキャンで問題がないようであれば、定期的にウイルススキャンを自動実行するようにスケジュール設定をします。これで、AWS Amazon S3 バケット内のファイル(オブジェクト)のウイルススキャンが自動的になされるようになりました。

注意事項:オンプレのマシンではウイルススキャンを実行しないでください。実行した場合、Amazon S3 からローカル環境にすべてのファイルがダウンロードされ、Amazon S3 データ転出料が発生します。



AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする

【導入事例】AWS Amazon S3で拠点間のファイル共有

【導入事例】Amazon S3で図面データなどの大容量ファイルを転送

【導入事例】Amazon S3でファイル共有・テレワーク環境を構築

AWS Amazon S3にファイルをバックアップする(世代管理も)

AWS Amazon S3を使った完璧なランサムウェア対策

AWS Amazon S3を活用したBCP/DR対策に最適なツール

AWS Amazon S3でWindows 7から10へ企業PCのデータを移行

AWS Amazon S3を使ってファイルサーバーを構築