Amazon S3を使ってファイル転送サービスを実現する

本記事では、Amazon S3を使ってファイル転送・ファイル共有サービスを構築する方法について書いていきます。

<準備するもの>
・拠点用 Windows マシン 2台(各拠点に最低 1 台ずつ)
・AWS アカウント(なくても1年間無料で作成可能です)
・JPCYBER S3 Drive - Amazon S3 マウントツール(30日無料体験版あり)

  1. 各拠点の Windows マシンに JPCYBER S3 Drive をインストール
    こちら(https://www.jpcyber.com/s3-drive#download)から JPCYBER S3 Drive のインストーラーをダウンロードして、インストールします。インストール作業は、ファイル転送の各拠点となる Windows マシンにそれぞれ行います。(拠点が 2 箇所の場合は、2 台にインストールします)


  2. 各拠点で共有したい S3 バケットをマウントする
    あらかじめ作成しておいた S3 バケットを各拠点でお好みのドライブ(Z ドライブ等)に割り当てます。

  3. 各拠点で共有したいファイルをマウントしたドライブにエクスプローラーでコピーする
    Windows エクスプローラーでファイルをコピーすると、そのファイルは Amazon S3 に自動的にアップロードされます。アップロードが完了すると、別の拠点からそのファイルにアクセスできるようになり、エクスプローラーでローカルにコピーできます。

    たったこれだけで、拠点間でのファイル転送・ファイル共有が可能となりました。もう、無料のファイル転送サービスを使って重要なファイルのやり取りをするというリスクを犯さなくてすみますね。




Amazon SaaSストアにて、「JPCYBER S3 Drive」の販売を開始

Version 1.3.84をリリース

Version 1.3.80をリリース

Version 1.2.77をリリース

Amazon S3 Glacierの新機能、ダイレクトアップロードAPIに対応しました

Amazon S3の新しいストレージクラス「Intelligent-Tiering」に対応しました

Version 1.2.73をリリース

Amazon S3を活用したBCP/DR対策に最適なツール

Version 1.2.61をリリース

Version 1.1.54をリリース