Amazon S3でテレワーク用ファイル共有を実現する


Amazon S3 を使ってテレワーク用にファイル共有を実現する方法について

Amazon S3でテレワーク用ファイル共有を実現する

本記事では、Amazon S3 を使ってテレワーク用にファイル共有を実現する方法について書いていきます。

JPCYBER S3 Drive を使うと、エクスプローラーでそのまま Amazon S3 などのクラウドストレージにアクセスできます。会社にいても、自宅にいても、どこからでも社員が同じフォルダーにアクセスできるので、ファイル共有が手軽に実現できて、テレワークにも最適です。必要なのは JPCYBER S3 Drive ソフトウェアと Amazon S3 クラウドストレージだけ。サーバーマシンやハード等の機材は一切必要ありません。

<準備するもの>
・Amazon S3 / S3 互換ストレージ
・JPCYBER S3 Drive - Amazon S3 マウントツール

  1. お手元の Windows マシンに JPCYBER S3 Drive をインストール
    こちら(https://www.jpcyber.com/download)から JPCYBER S3 Drive のインストーラーをダウンロードして、インストールします。


  2. ファイル共有したい Amazon S3 バケットをマウントする
    ファイル共有用に Amazon S3 バケットを作成し、お好みのドライブ(Z ドライブ等)に割り当てます。

    マウントが完了すると、ネットワークドライブとして、エクスプローラーで Amazon S3 ストレージにアクセスできるようになります。

  3. 共有したいファイルをマウントしたドライブにエクスプローラーでコピーする
    Windows エクスプローラーでファイルをコピーすると、そのファイルは Amazon S3 に自動的にアップロードされます。アップロードが完了すると、別の PC からそのファイルにアクセスできるようになり、エクスプローラーで直接開くことができます。

全社員の PC に JPCYBER S3 Drive をセットアップしておくことで、どのマシンからも Amazon S3 にアクセスができ、ファイルサーバー不要でファイル共有を実現することができます。Amazon S3 ならストレージコストもリーズナブルで、クラウドストレージの導入コストを抑えることができます。

<JPCYBER S3 Drive と Amazon S3 によるテレワーク・ファイル共有のメリット>
・ファイルサーバー不要でファイル共有を実現できます。
・AWS のバージョニング機能により、誤削除や上書きしてしまったファイルを復元できます。
・通信経路、保存データは暗号化されるため、セキュリティも万全です。
・ストレージの容量制限がなく、PC 側のディスク容量も圧迫しません。
・自動遠隔バックアップの設定も簡単にでき、BCP/DR(災害復旧)対策もバッチリです。



Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

Amazon S3でデータストレージの費用(コスト)を大幅に削減する

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定

robocopyでAmazon S3にバックアップする時のオプション指定

Amazon S3にファイルをバックアップする(世代管理も)

メタデータキャッシュ機能による高速化

インターネットに接続されていない PC でもライセンス認証は可能ですか?

Amazon S3アクセスポイント(Access Points)に対応