Amazon S3を使って社内用ファイルサーバーをクラウド化する

本記事では、Amazon S3 を使って社内用ファイルサーバーをクラウド化する方法について書いていきます。

<準備するもの>
・AWS アカウント(AWS アカウントがない場合は 「AWS導入支援サービス」 をご利用いただけます
・JPCYBER S3 Drive - Amazon S3 マウントツール(30日無料体験版あり)

  1. 各 Windows マシンに JPCYBER S3 Drive をインストール
    こちら(https://www.jpcyber.com/download)から JPCYBER S3 Drive のインストーラーをダウンロードして、インストールします。インストール作業は、各 Windows マシン で行ってください。入力項目は特になく、クリックだけで簡単に終わります。


  2. Amazon S3 バケットをマウントする
    ファイルサーバーとして使う Amazon S3 バケットを AWS 管理コンソールであらかじめ作成しておきます。その際、IAM ユーザーと IAM ポリシーの作成もしておきます。(詳細はこちら
    JPCYBER S3 Drive を起動し、メイン画面から [新規追加] をクリックし、S3 バケットをマウントします。

    マウントが完了すると、ネットワークドライブとして、エクスプローラーで Amazon S3 にアクセスできるようになります。

    <マウント時のオプション>
    マウント時のオプションとして、[ドライブのオプション] の設定画面で、様々なオプションを指定可能です。

    ネットワーク ドライブ、またはリムーバブル ディスクの選択、読み取り専用にする、Amazon S3 ストレージ クラスの選択、サーバー側の暗号化設定など

    <その他のオプション>
    [ツール] → [オプション] 画面では、全体の動作に関するオプションを設定可能です。

    プロキシ サーバー、高速化キャッシュの保存先、ログのレベルなどを設定できます。


  3. 他の PC にも JPCYBER S3 Drive をインストールして Amazon S3 バケットをマウントする
    他の PC にも JPCYBER S3 Drive をインストールして、同様の手順で Amazon S3 バケットをネットワークドライブに割り当てて、アクセスできるようにします。

    以上で Amazon S3 を使った社内用ファイルサーバーのクラウド化ができました。Amazon S3 なのでディスク容量の制限もなく、ディスクの空き領域不足に悩まされる心配もありません。何よりもファイルサーバーの実機が不要になるので、ハードウェア故障などのトラブルからも解放されて、スッキリです。






ダウンロード用リンク(Amazon S3署名付きURL)へのアクセスを禁止する

Version 2.1.215をリリース

Version 2.1.206をリリース

マウントしたドライブにアクセスすると「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される

Amazon S3バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する

Version 2.1.201をリリース

Version 2.1.195をリリース

Version 2.1.192をリリース

Version 2.0.179をリリース

Version 2.0.171をリリース