AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする


AWS EC2 Windows インスタンスに Amazon S3 バケットをマウントする方法について

AWS EC2 WindowsインスタンスにAmazon S3をマウントする

本記事では、AWS EC2 Windows インスタンスに Amazon S3 バケットをマウントする方法について書いていきます。

<準備するもの>
・Amazon S3 ストレージ
・JPCYBER S3 Drive - Amazon S3 マウントツール

1.AWS EC2 Windows インスタンスに JPCYBER S3 Drive をインストール
こちら(https://www.jpcyber.com/download)から JPCYBER S3 Drive のインストーラーを EC2 上にダウンロードして、インストールします。インストール作業は、EC2 上の Windows マシンで行ってください。入力項目は特になく、クリックだけで簡単に終わります。

2.Amazon S3 バケットをマウントする
EC2 から使用する Amazon S3 バケットを AWS 管理コンソールであらかじめ作成しておきます。その際、IAM ユーザーと IAM ポリシーの作成もしておきます。(詳細はこちら
JPCYBER S3 Drive を起動し、メイン画面から [新規追加] をクリックし、Amazon S3 バケットをマウントします。

マウントが完了すると、ネットワークドライブとして、エクスプローラーで Amazon S3 ストレージにアクセスできるようになります。

<マウント時のオプション>
マウント時のオプションとして、[ドライブのオプション] の設定画面で、様々なオプションを指定可能です。

ネットワーク ドライブ、またはリムーバブル ディスクの選択、読み取り専用にする、Amazon S3 ストレージ クラスの選択、サーバー側の暗号化設定など

<その他のオプション>
[ツール] → [オプション] 画面では、全体の動作に関するオプションを設定可能です。

プロキシ サーバー、高速化キャッシュの保存先、ログのレベルなどを設定できます。

3.エクスプローラーで Amazon S3 にアクセスしてみる
AWS EC2 Windows 上でエクスプローラーを起動し、マウントした Amazon S3 バケットにアクセスしてみます。

ローカルディスクと同様に Amazon S3 にアクセスできるようになりました。EC2 インスタンスと Amazon S3 バケットが同一リージョン内であれば、Amazon S3 のデータ転送料もかからないため、安心です。

4.Windows PowerShell で Amazon S3 にアクセスしてみる
AWS EC2 Windows 上で PowerShell、またはコマンドプロンプトを起動し、マウントした Amazon S3 バケットにアクセスしてみます。

こちらもローカルディスクと同様に Amazon S3 にアクセスできるようになりました。スクリプトやバッチファイルを組んで、Amazon S3 にアクセスできるため、かなり自由度が広がります。



NetApp StorageGRIDに対応

ファイルアップロードエンジンのパフォーマンスを改善

メタデータキャッシュ機能のパフォーマンスを改善

Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

【導入事例】AWS Amazon S3で拠点間のファイル共有

【導入事例】Amazon S3で図面データなどの大容量ファイルを転送

【導入事例】Amazon S3でファイル共有・テレワーク環境を構築

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定