ESP Onlineソリューションカタログに「JPCYBER S3 Drive」が掲載


ESP Online ソリューション カタログに「JPCYBER S3 Drive」が掲載されました

ESP Onlineソリューションカタログに「JPCYBER S3 Drive」が掲載

<ESP Onlineソリューション カタログに「JPCYBER S3 Drive」を掲載>
この度「ESP Onlineソリューション カタログ」に掲載を開始したのは、以下の3製品です。

・S3 ストレージ マウントツール
 「JPCYBER S3 Drive Server版」(30日無料体験版)
・S3 ストレージ マウントツール
 「JPCYBER S3 Drive Desktop(デスクトップ)版 」(1年版)
・S3 ストレージ マウントツール
 「JPCYBER S3 Drive Server(サーバー)版」(1年版)

■「S3ストレージ マウントツール JPCYBER S3 Drive」ESP Online ソリューション カタログ
https://esp-online.com/solutions/s3-jpcyber-s3-drive

・「JPCYBER S3 Drive(ジェイピーサイバー エススリー ドライブ)」を使えば、Amazon S3 ストレージをネットワークドライブ、またはリムーバブルディスクとして Windows にマウントし、ローカルディスクと同様に扱うことが可能になります。
・いつもの PC と同じ直観操作で、S3 上のファイルを Word などで直接編集可能。キャッシュ利用でクラウドなのにサクサク高速処理。
・S3 互換ストレージにも対応し、日本語ファイル名にも完全対応する、安心の純国産ソフトです。


■「ESP Online ソリューション カタログ」
https://esp-online.com/

最新のアマゾン ウェブ サービス(AWS)対応ソフトウェア SaaS・PaaSソリューションを簡単検索できるサイトです。



Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

Amazon S3でデータストレージの費用(コスト)を大幅に削減する

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定

robocopyでAmazon S3にバックアップする時のオプション指定

Amazon S3にファイルをバックアップする(世代管理も)

Amazon S3でテレワーク用ファイル共有を実現する

メタデータキャッシュ機能による高速化

インターネットに接続されていない PC でもライセンス認証は可能ですか?