Amazon S3でWindows 7から10へ企業PCのデータを移行する

本記事では、Amazon S3 を使って Windows 7 から Windows 10 へデータを移行する方法について書いていきます。

<準備するもの>
・移行先の Windows 10 マシン 1台
・AWS アカウント(AWS アカウントがない場合は 「AWS導入支援サービス」 をご利用いただけます
・JPCYBER S3 Drive - Amazon S3 マウントツール(30日無料体験版あり)

  1. 移行元 Windows 7 マシンに JPCYBER S3 Drive をインストール
    こちら(https://www.jpcyber.com/download)から JPCYBER S3 Drive のインストーラーをダウンロードして、インストールします。インストール作業は、まず移行元の Windows 7 マシンで行ってください。


  2. データ移行用に共有したい Amazon S3 バケットをマウント
    あらかじめ作成しておいた Amazon S3 バケットを Z: ドライブ等に割り当てます。

  3. 移行したいデータをマウントしたドライブにエクスプローラーでコピー
    Windows エクスプローラーでファイルをコピーすると、そのファイルは Amazon S3 に自動的にアップロードされます。


  4. アップロードが完了したら、JPCYBER S3 Drive をアンインストール
    移行したいすべてのデータのアップロードが完了したら、JPCYBER S3 Drive をアンインストールします。


  5. 移行先 Windows 10 マシンに JPCYBER S3 Drive をインストール
    移行先の Windows 10 マシンに JPCYBER S3 Drive をインストールします。この際、移行元の Windows 7 マシンで使用したライセンスが自動的に引き継がれます。


  6. データ移行用に共有した Amazon S3 バケットをマウント
    データを移行した Amazon S3 バケットを Z: ドライブ等に割り当てます。

  7. 必要に応じてデータをエクスプローラーで Windows 10 マシンにコピー
    Amazon S3 バケットをマウントした時点で移行データにエクスプローラーでアクセス可能ですが、ローカルにデータを移したい場合は、必要に応じてコピーしてください。Amazon S3 に移行したデータは、そのままバックアップとしても活用できますので、データ移行後も継続して JPCYBER S3 Drive をご利用いただけます。




ダウンロード用リンク(Amazon S3署名付きURL)へのアクセスを禁止する

Version 2.1.215をリリース

Version 2.1.206をリリース

マウントしたドライブにアクセスすると「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される

Amazon S3バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する

Version 2.1.201をリリース

Version 2.1.195をリリース

Version 2.1.192をリリース

Version 2.0.179をリリース

Version 2.0.171をリリース