S3で楽々! 企業PCのWindows 7から10へのデータ移行方法

本記事では、Amazon S3を使ってWindows 7からWindows 10へデータ移行する方法について書いていきます。

<準備するもの>
・移行先の Windows 10 マシン 1台
・AWS アカウント(なくても1年間無料で作成可能です)
・JPCYBER S3 Drive - Amazon S3 マウントツール(30日無料体験版あり)

  1. 移行元と移行先の Windows マシンそれぞれに JPCYBER S3 Drive をインストール
    こちら(https://www.jpcyber.com/s3-drive#download)から JPCYBER S3 Drive のインストーラーをダウンロードして、インストールします。インストール作業は、移行元と移行先の Windows マシンにそれぞれ行います。


  2. データ移行用に共有したい S3 バケットをマウントする
    あらかじめ作成しておいた S3 バケットをそれぞれのPCでお好みのドライブ(Z ドライブ等)に割り当てます。

  3. 移行したいデータをマウントしたドライブにエクスプローラーでコピーする
    Windows エクスプローラーでファイルをコピーすると、そのファイルは Amazon S3 に自動的にアップロードされます。アップロードが完了すると、移行先のPCからそのファイルにアクセスできるようになり、エクスプローラーでローカルにコピーできます。

    たったこれだけで、Windows 7 から Windows 10 へのデータ移行が完了しました。しかも、Amazon S3 にアップロードしたデータは、そのままバックアップとしても活用できますので、データ移行後も継続して JPCYBER S3 Drive をご利用いただけます。




Amazon SaaSストアにて、「JPCYBER S3 Drive」の販売を開始

Version 1.3.84をリリース

Version 1.3.80をリリース

Version 1.2.77をリリース

Amazon S3 Glacierの新機能、ダイレクトアップロードAPIに対応しました

Amazon S3の新しいストレージクラス「Intelligent-Tiering」に対応しました

Version 1.2.73をリリース

Amazon S3を活用したBCP/DR対策に最適なツール

Version 1.2.61をリリース

Version 1.1.54をリリース