Amazon S3でデータストレージの費用(コスト)を大幅に削減する


Amazon S3 でデータストレージの利用料金(コスト)を大幅に削減する方法について

Amazon S3でデータストレージの費用(コスト)を大幅に削減する

Amazon S3 ストレージと JPCYBER S3 Drive を組み合わせてクラウドストレージとして使うと、データストレージの費用(コスト)を大幅に削減することができます。

法人向け各種ストレージのコスト比較

利用目的保存したいデータ量データストレージ機器Amazon S3 ストレージ

ファイルサーバー

1 TB
HP StoreEasy
本体:67万円
保守:8万円 / 年

*6万円 / 年
(S3 標準ストレージ)

バックアップ&リストア

50 TB
DELL EMC
本体:200万円
保守:30万円 / 年

30万円 / 年
(S3 Glacier ストレージ)

データアーカイブ

240 TB
Cloudian
本体:1,000万円
保守:150万円 / 年

60万円 / 年
(S3 Glacier Deep Archive)

* 保存データ量の 20%を月のデータ転送量として計算
* JPCYBER S3 Drive(Amazon S3 マウントツール)1ライセンス: Desktop 版: 7,980円 / 年、Server 版: 12,800円 / 年
* Amazon S3 ストレージをマウントする際の AWS Storage Gateway とのコスト比較はこちら

ぜひ一度、Amazon S3 と JPCYBER S3 Drive を組み合わせて、データストレージの代わりに導入検討なさってみてはいかがでしょうか?

<Amazon S3 + JPCYBER S3 Drive 導入のメリット>
・データストレージの費用(コスト)を大幅に削減できます。
・Amazon S3 ストレージを Windows 上でマウントし、エクスプローラーで直接アクセスできます。
・マウントの設定も UI で簡単にでき、複雑な設定等は一切ありません。
・Windows のコマンド プロンプトも使用でき、バッチファイル等で一括操作も可能です。

こちら(https://www.jpcyber.com/download)から JPCYBER S3 Drive の 30日無料体験版をダウンロードして、今すぐお試しいただけます。



Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定

robocopyでAmazon S3にバックアップする時のオプション指定

Amazon S3にファイルをバックアップする(世代管理も)

Amazon S3でテレワーク用ファイル共有を実現する

メタデータキャッシュ機能による高速化

インターネットに接続されていない PC でもライセンス認証は可能ですか?

Amazon S3アクセスポイント(Access Points)に対応