AWS Storage Gatewayの料金(コスト)を大幅に削減する


JPCYBER S3 Drive を使って AWS Storage Gateway の料金(コスト)を大幅に削減する方法について

AWS Storage Gatewayの料金(コスト)を大幅に削減する

Amazon S3 ストレージをマウントして、ファイル共有するのに JPCYBER S3 Drive を使うと、AWS Storage Gateway の利用料金(コスト)を大幅に削減することができます。

通常、AWS Storage Gateway のインスタンスには、最低 m4.xlarge 以上の EC2 インスタンスが必要となりますが、これには月間で約 2 万円、年間で約 24 万円以上の費用が発生します。

AWS Storage Gateway の代わりに、JPCYBER S3 Drive を Windows Server の稼働する EC2 インスタンスに導入することにより、AWS Storage Gateway と同等の機能を半分以下のコスト(年間約 12万円)で手に入れることが可能となります。(t3.large の Windows インスタンスを利用した場合)
なお、既に稼働中の Windows インスタンスを利用できるのであれば、AWS Storage Gateway 分の利用コストを丸々なくすことができます。

ぜひ一度、JPCYBER S3 Drive を AWS Storage Gateway の代わりに導入検討なさってみてはいかがでしょうか?



Amazon S3 アクセスポイント(Access Points)に対応

JPCYBER S3 Drive Enterprise版のアップデート

Amazon S3を使って完璧なランサムウェア対策をする

Wasabi Hot Cloud Storageに対応

Google Cloud Storage(GCS)をWindowsにマウントする

Google Cloud Storage(GCS)に対応

ファイル転送機能がS3互換ストレージに対応

JPCYBER S3 Drive Enterprise版のカスタマイズ方法

JPCYBER S3 Drive V3.0 ファイル転送機能をリリース

Version 3.0 ファイル転送機能をリリース