AWS Storage Gatewayの料金(コスト)を大幅に削減する


JPCYBER S3 Drive を使って AWS Storage Gateway の料金(コスト)を大幅に削減する方法について

AWS Storage Gatewayの料金(コスト)を大幅に削減する

Amazon S3 ストレージをマウントして、ファイル共有するのに JPCYBER S3 Drive を使うと、AWS Storage Gateway の利用料金(コスト)を大幅に削減することができます。

通常、AWS Storage Gateway のインスタンスには、最低 m4.xlarge 以上の EC2 インスタンスが必要となりますが、これには月間で約 2 万円、年間で約 24 万円以上の費用が発生します。

AWS Storage Gateway の代わりに、JPCYBER S3 Drive を Windows Server の稼働する EC2 インスタンスに導入することにより、AWS Storage Gateway と同等の機能を半分以下のコスト(年間約 12万円)で手に入れることが可能となります。(t3.large の Windows インスタンスを利用した場合)
なお、既に稼働中の Windows インスタンスを利用できるのであれば、AWS Storage Gateway 分の利用コストを丸々なくすことができます。

ぜひ一度、JPCYBER S3 Drive を AWS Storage Gateway の代わりに導入検討なさってみてはいかがでしょうか?

<JPCYBER S3 Drive 導入のメリット>
・AWS Storage Gateway の料金(コスト)を大幅に削減できます。
・Amazon S3 ストレージを EC2 インスタンスの Windows 上でマウントし、エクスプローラーで直接アクセスできます。
・マウントの設定も UI で簡単にでき、複雑な設定等は一切ありません。
・Windows のコマンド プロンプトも使用でき、バッチファイル等で一括操作も可能です。

こちら(https://www.jpcyber.com/download)から JPCYBER S3 Drive の 30日無料体験版をダウンロードして、今すぐお試しいただけます。



Amazon S3 ミラノ、ケープタウン新リージョンに対応

JPCYBER S3 Drive V4.0 Officeファイルのロック機能をリリース

Amazon S3ストレージクラス Glacier Deep Archive に対応

Amazon S3でデータストレージの費用(コスト)を大幅に削減する

Amazon S3のアクセスに必要な最低限のIAMポリシーの設定

robocopyでAmazon S3にバックアップする時のオプション指定

Amazon S3にファイルをバックアップする(世代管理も)

Amazon S3でテレワーク用ファイル共有を実現する

メタデータキャッシュ機能による高速化

インターネットに接続されていない PC でもライセンス認証は可能ですか?