JPCYBER S3 Drive Enterprise版のカスタマイズ方法

JPCYBER S3 Drive Enterprise 版では以下の項目について、お客様またはサービスプロバイダー様が自由にカスタマイズすることが可能です。(インストーラーは除きます)

・製品タイトル
・デスクトップアイコン
・デスクトップショートカット名
・S3 互換ストレージ名
・製品ページURL
・技術サポートページURL
・ライセンス更新ページURL
・ファイル転送機能の無効化

<カスタマイズ方法>
"C:\ProgramData\JPCYBER S3 Drive\rebranding.xml" ファイル内の各項目をテキストエディター等で書き換えます。
(rebranding.xml ファイルは製品のライセンス認証後に、S3 Drive のメイン画面を再起動すると自動生成されます)

・ProductName: 製品タイトル
・DesktopShortcutName: デスクトップショートカット名
・S3StorageName: S3 互換ストレージ名
・HomepageURL: 製品ページURL
・SupportURL: 技術サポートページURL
・RenewalURL: ライセンス更新ページURL
・FileSend: ファイル転送機能の有効・無効化(true: 有効、false: 無効)

<デスクトップアイコンのカスタマイズ方法>
"C:\ProgramData\JPCYBER S3 Drive" フォルダー直下に .ico 拡張子の Windows アイコンファイルを保存します。

上記設定の完了後に S3 Drive のメイン画面を起動すると、カスタマイズ版のプログラムが実行されます。

<ヒント>
あらかじめ用意した rebranding.xml ファイル、デスクトップアイコンファイルを各マシンの "C:\ProgramData\JPCYBER S3 Drive" フォルダー直下にコピーすることにより、複数マシンへの展開が効率的に行なえます。



ファイル転送機能がS3互換ストレージに対応

JPCYBER S3 Drive V3.0 ファイル転送機能をリリース

Version 3.0 ファイル転送機能をリリース

新しいPCにS3 Driveのライセンスを移行することは可能ですか?

ダウンロード用リンク(Amazon S3署名付きURL)へのアクセスを禁止する

Version 2.1.215をリリース

Version 2.1.206をリリース

マウントしたドライブにアクセスすると「デバイスの準備ができていません」というエラーが表示される

Amazon S3バケットをマウントしたドライブに共有アクセス許可を設定する

Version 2.1.201をリリース