Amazon S3 Glacierの新機能、ダイレクトアップロードAPIに対応しました

AWS re:Invent 2018(Day 2: 2018/11/27)でリリースされた Amazon S3 Glacier の新機能、ダイレクト アップロード API に対応しました。

<アップデート内容>
1) Amazon S3 Glacier の新機能、ダイレクト アップロード API に対応しました。

JPCYBER S3 Drive のマウント時のオプション [ドライブのオプション] 画面で、S3 ストレージ クラスとして [Glacier] を選択すると、以後 S3 バケットに保存されるファイルは、Glacier ストレージクラスとなります。


<Amazon S3 Glacier ダイレクト アップロードとは?>
今までは、Glacier ストレージ クラスに S3 オブジェクトを格納するためには、一旦、Amazon S3 のスタンダード ストレージ クラス等に保存した後、ライフサイクルの設定により、最短 1 日後に Glacier ストレージクラスに移行する必要がありました。しかし、今回の AWS のアップデートにより、最初から Glacier ストレージクラスへの S3 オブジェクトのアップロードができるようになりました。

<Amazon S3 Glacier ストレージ クラス使用時の注意点>
ファイルアクセスの制限 – ファイルが高速化キャッシュ上に存在している間はファイルの読み書きが可能ですが、一旦、高速化キャッシュからクリアされた後は、AWS コンソール上で S3 オブジェクトの復元操作を行い、ステータスが完了になって初めて、ファイルにアクセスできるようになります。

ファイル名の変更 – ファイル名、およびフォルダー名の変更は行えません。予めスタンダード ストレージクラス等でフォルダー構成を作成してから、Glacier ストレージクラスに変更してご利用ください。

復元操作時の料金 – Glacier ストレージクラスの S3 オブジェクトの復元操作の際は、復元費用が高額になる恐れがありますので、十分にご注意ください。

Amazon S3 Glacier ストレージクラスの詳細については、AWS のページでご確認ください。



Amazon SaaSストアにて、「JPCYBER S3 Drive」の販売を開始

Version 1.3.84をリリース

Version 1.3.80をリリース

Version 1.2.77をリリース

Amazon S3の新しいストレージクラス「Intelligent-Tiering」に対応しました

Version 1.2.73をリリース

Amazon S3を活用したBCP/DR対策に最適なツール

Version 1.2.61をリリース

Version 1.1.54をリリース

Version 1.1.52をリリース